軽音楽と吹奏楽

軽音楽と吹奏楽

受験生である妹が私の学校にオープンスクールに行ってきたそうです。妹は中学で吹奏楽部でトランペットを吹いていました。もう、引退はしました。最後の最後まで毎日部活や、コンクールなど頑張っている姿は、OGとしてまた姉として先輩として嬉しかったです。

その妹は高校に入学したら、なんとびっくり!吹奏楽部じゃなくて軽音部に入りたいと言っています。よく思い返してみると、家の中で好きな歌を歌っていることがよくあります。妹はこう言っていました。演奏するより、歌いたい。びっくりしました!!

私は軽音部と吹奏楽について少し考えてみました。共通点は皆で1つのパートを演奏して音を重ねて音楽を作ること。でも、全く違うのが、人数や楽器。吹奏楽は少人数で演奏することもあるけれど、大体が大人数で演奏する場合が多いです。

しかし、軽音部は数人です。軽音については全くの初心者なので、あっているかどうかわからないけど、パッと思いつくパートでも、ボーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボードの5パートぐらいこな?まだあるかもしれないけど、このくらいです。

吹奏楽と決定的に違うのは人数と楽器です。吹奏楽では人数が多い分ソロでも吹かないかぎり、1人が単独で目立つことはあまりありません。でも、軽音では人数が少ない分1人1人が目立つチャンスはいくらでも有ります。

妹には今までにない音楽の刺激を受けて幅広く活躍してもらいたいと思っています。ボーカル希望だそうです。険しい道のりだと思うけど頑張って!

関連記事

  1. 新しい音楽との出会いはiPhoneで!
  2. 新しい楽器を買いたいけれど。。。
  3. 私の好きなトロンボーン奏者
  4. 選手交代
  5. 遂に!
  6. CDジャケットが。。。
  7. 最近ハマっている音楽
  8. 我が家の音楽事情
  9. 見学に行きます!
  10. 楽器をいつ買おうかな?